募集要項・Q&A

期間2020年7月~2021年1月
(原則土曜日開催、キックオフ・成果発表会・ワークショップ除く)
受講料 本講座 330,000円
(消費税・プラン作成個別サポート・書籍・教材費含む)
部分受講 33,000円/コマ
(消費税・教材費含む)
定員 25名
対象者 大手企業マネージャー・リーダー/新規事業担当者
中小企業経営者・後継者/ベンチャー企業経営陣/創業予定者/研究者など
会場 〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 かながわサイエンスパーク内

●新型コロナウィルス感染症の拡大抑止のため全講座をオンラインで行う前提で準備を進めています。
●随時、個別説明を行っています。
●受講料の分割納入についても御相談に応じます。

Q&A

グループではなく、個人毎にビジネスプランを作るのですか?


グループで一つのテーマを調査し企画を立てるといった研修もありますが、実際の新事業、起業では強烈な思いや使命感をもった個人が、活動を続けるうちに周囲の人を巻き込み、事業として成り立たせていくということが良くあります。
起業、新事業のごく初期は個人の想い(込み)や、なぜ自分がそれをやりたいのか?といった内発的動機が、事業成立の非常に重要な要因になるため、基本的には個人単位でのビジネスプラン作成としています。
1社から創業メンバー2人で参加される場合などは、2人で1つのプランを作成するというケースもあります。

受講当初から事業テーマが決まっている必要はありますか?


テーマが決まっていたり、既にビジネスプランを持っている方も受講しますが、受講当初から明確なテーマが無くても構いません。
検討していく過程でテーマがボツになったり、変更せざるをえないといったことは良くあります。当初のテーマを完遂できれば良いですが、検討していく過程で、なぜ事業として成立しないのかといったことを明らかにすることも重要なことです。
また、自分一人で考えていてもなかなか進まないので、スクールを受講しながら、多くの人から助言をもらうことが大切です。

会社から研修として参加します。新事業の担当ではないのですが・・


当スクールでは、独立起業、組織内新事業といったニュービジネスでなくても、経営的な視点をもって現状を変革するプランをビジネスプラン(Bプラン)として認めており、今までも多くの方がBプランを作成しています。
ビジネスプランは実践することに意味があります。実践しない架空の新事業プランより、実践するプラン作成をお勧めします。

業務で新事業の検討をしています。他社に公開できない情報が多いのですが。・・


特に発明や特許出願が関わることや、社内での計数目標(KPI)など機密事項もあると思います。公開できないものは原則伏せて頂いて結構です。
なお、受講時には機密保持に関する覚書を全受講生とKSPとの間で締結させて頂いております。

スクールに参加するとKSPから出資が受けられますか?


スクール卒業生の中で有望なスタートアップには、KSPから出資をした実績は多数ありますが、出資を前提としている訳ではありません。
あくまでもVC投資の候補先の1社として事業評価などの投資プロセスを通過した場合にのみ出資をさせて頂きます。

スクールが終われば起業できるレベルになるのですか?


残念ながらスクールで作成したビジネスプランをそのまま実践しても、その通りには行かないことが多いと思います。
ビジネスプランは現時点での検討結果であり、実践しながら修正していく必要があります。
机上の検討をいくら繰り返しても実現には辿り着きません。実践→小さな失敗→軌道修正を繰り返していくことが重要です。

今まで多くのスクール卒業生の起業、新事業の状況を見ていますが、実際に起業するためには以下3つの要素が揃う必要があるように思います。

1.知識、能力
セミナーを受講したり、専門的なスキルを高めたり、業界動向を把握したりといった、自分自身をレベルアップする活動を継続的に行うことです。
起業する人は未知のことに興味をもって、即座に実行している方が多いように思います。

2.問題意識
事業テーマに深く関連しますが、「誰の、どんな課題を解決したいのか」という視点です。
出発点はSDGsのような大きな社会課題でもいいですし、身近な人の困りごとでもいいと思います。
10年かけて社会を変えたい、そのためには3年ステップでこんな事業を計画して、初年度はまずここから着手する・・のような、俯瞰⇔集中のバランスがとれた複数の視点を持つと良いと思います。

3.タイミング、(運)
様々な人との出会い、タイミング(良いも悪いもある)が合って起業をする/起業せざるを得ないということも多いです。
人との出会いに関しては、常に自分から発信を続けている人は、誰かの紹介によって必要な人材に巡り合っているケースが多いように思います。

お申込方法

お申込書(wordファイル)に必要事項をご記入の上、メールにて事務局までお申込み下さい。

お問い合わせ先

株式会社ケイエスピー
KSPビジネスイノベーションスクール事務局
電話:044-819-2001 FAX:044-819-2009
E-mail:bis@ksp.or.jp