KSP GLOBAL VISION

glovalVision-02_03

水素エネルギー、超磁性材料の研究者として、自身もかつてKSP内のKAST(神奈川科学技術アカデミー)に在籍した経験をもつ内田裕久社長。インキュベータの先駆けとして約30年の実績を持つKSPの次のステージを担うべく2013年からKSPの代表取締役社長に就任。内田社長が意図するビジョンを語ります。

 

glovalVision-02_06

――KSPの方向性についてお伺いします。

日本は、「基礎科学ただ乗り論」で揶揄されたこともあったように、欧米の特許をベースとした科学技術に基づいた大量生産により経済成長してきました。

その時代は終わり、また、資源を持っていない国として、日本では何が資源の代わりになるか…

それは、人材と頭脳であり、頭脳と知能による可能性は無限大の資源だというのがKSPの考えです。

神奈川県は京浜工業地帯で、非常に優秀な企業がたくさんあります。 また、東京に次いで、大学研究機関も多いという素晴らしい条件に恵まれています。 これらを宝として発展させ、地方から発信していこうと、1986年KSP設立時に「頭脳センター構想」が掲げられ、神奈川・川崎を日本とアジアの科学技術と研究開発のセンターにすることを目指してきました。

――設立から約30年になりますね。

KSPではこの構想に基づき、ベンチャー企業の創出に力を注ぎ、この約30年間でインキュベータとして支援する事業体系を確立してきました。

例えば、起業に際しての資金調達のサポートとして、助成金や融資紹介の他、他のインキュベータにない「投資ファンド」をいち早く設けました。

また、企業家育成の面で、「ビジネスイノベーションスクール」(開設当初の名称は新事業マネジメントスクール)を設立し、研究、アイデアをビジネス化するための経営者としてのスキル、アントレプレナーシップ(企業家精神)を強化し、修了生の中から株式公開を実現した企業も多数あります。

協業促進のために、それぞれのベンチャー企業に適した大手メーカーとのビジネスマッチングも行ってきました。

インキュベータの先駆けとして、このようにステージをつくりながら前進してきましたが、ここで、改めて、設立原点である「頭脳センター構想」の髄を再確認し、今の時代の動きを捉えたKSPに進化する時期に来ていると考えています。

glovalVision-02_11

――次ステージ、それが「グローバルプラットフォーム」という考えですね。

そうです。 KSPの持つ機能を最大限に活かし、さらに、さまざまな領域で可能性を導く頭脳の源泉として拡大するために、ここをプラットフォームのように、国内外問わず、幅広い視点で多くの人たちに活用していただきたいと思います。

「グローバル」には、物事を世界、地球規模で広く捉えるという観点があります。 自分と相手との相違を理解して受け入れ、互いの能力や技術をもって、協力しあい目的を達成する時代に入っています。

「グローバルプラットフォーム」とは、ビジネスというものを考える「人と人」との交流、繋がりを通して、ビジネスが広がるということです。

香港のサイエンスパークや、サウジアラビアのユースセンターと友好協定を締結し、技術革新、文化などの交流を深める中、最近ではロシアのサハ共和国のサイエンスパークとも協定を締結しました。
2014年6月にはアジアサイエンスパーク協会(ASPA)の会長に就任し、海外のサイエンスパークとのネットワークを更に強固なものとしていきます。


また、アジアを始め、海外マッチングも大いにやっていきます。私の就任後1年内に、中国で数社のマッチングが決まりました。先端技術でなくても、確実な技術レベルを保つ企業をもとめる声が海外から寄せられます。
KSPが培ってきた、確かな技術を持つ中小企業との脈作りが、今、グローバル化を飛躍させると捉えています。

さらに、国内の労働人口が減少傾向にある中、女性の社会進出、外国人労働者は不可欠だと思います。
KSPでは、女性の起業家や在日外国人の起業家を増やし、人材育成していくためのサポートとして、ビジネススクールの新しいカリキュラム展開に向けて進めています。

最後に、私が考える「グローバルプラットフォーム」は、文化センターや地域コミュニティ機能が持つ発展性も含んでいます。
川崎市民や神奈川県民、地元の方たちが活用できる拓けた場となるように一緒に創作し、そこから新たな「頭脳センター」として、次の時代、次世代へと繋ぐ発展に臨みたいと思っています。

ビジョン

第14回かわさきサイエンスチャレンジ     
テクノトランスファーinかわさき
RINK
協創マッチングフォーラム     
ビジネスイノベーションスクール 生徒募集
KSP投資ファンド
株式会社ケイエスピーfacebook

関連機関

Asian Science Park Association
かわさき新産業創造センター
Techno Hub Innovation KAWASAKI
明治大学地域産学連携研究センター
川崎ものづくりブランド
かながわの産業を応援する産業Navi

過去の開催分

第13回かわさきサイエンスチャレンジ
ASPA2015 年次大会

タグ